ぴっとりさんとの暮らし方

15年6月生まれ甘えんぼうの息子とともに過ごす、大変だけど幸せな毎日を記録していきます!

ガルガル期、いつまで続く?嫁の宿命

f:id:chiconomainichi:20160210000349j:plain
鬼のお面、平気なようです。かぶるとギャン泣きだったのにな(笑)

今回はちょっと愚痴になってしまいます。苦手な方はスルーでお願いいたします。












私、いまだにガルガルしてます。(笑)
というのも、ピノ助、義両親にかなり可愛がられています。ありがたいことなんですがね。
特に義父はもう相当な可愛がりようで、最近仕事が休みだとマンションにまで訪ねてくるようになりました。

現在、私たちは旦那の実家と私の実家のちょうど真ん中あたりにマンションを借りて住んでいます。どちらの実家も車で40分ほどの距離です。勤務先の関係で結婚してからこちらに住み、そろそろ2年になります。

義父の仕事は不定休で、曜日は決まっていません。一方義母は日曜が休み。なので義父母の休みの合う日曜に義実家へお邪魔しています。大体隔週くらい。つい先日も行ったばかり。

今日のお昼、義父から電話があり、「今から行ってもいいか?」ということでした。もちろん旦那も義母も仕事なので、義父1人でマンションに来て、私1人で相手をします。この時点でちょっとイヤだなーなんて思ってしまうダメ嫁ですが、最近このモヤっとからなかなか抜け出せずにいます。
ということで、このモヤっとの原因を探ろうと、整理してみることにしました。

①「ピノ助のお世話をしてあげる」というスタンスで来る
悪気はないんです。天然に人をイラつかせるタイプ(笑)その性格は旦那もしっかり受け継いでます。「可愛いピノ助に会いたいな〜。chicoさん、大変じゃなかったら行っても構わないかな?」くらい言ってくれれば、どうぞどうぞ〜なんですが、「お世話しに行こうか?見ててあげるよ。全然気にしないで♫」という感じです。まず、オムツも替えられないですしね。ピノ助のお昼寝の時間無視でがんばって遊んでくれちゃいます。

②可愛がる「だけ」
ちょっと現金で申し訳ないですが、本当に可愛がるだけです。具体的に行っちゃうと、何も買ってくれない。出産準備から育児グッズまで、実両親にはかなり助けてもらったのですが、義両親は内孫だからと、もちろんお祝いもなく。まあお金じゃないんですがね、なんだかモヤっとです。

③旦那が義両親にかなり気を遣う
これはかなり大きい要因な気がします。
うちの旦那は私の気持ちが全く分かっていない模様。義父の突然の訪問があったと伝えると、怒ってくれるのか思いきや、なんだか嬉しそう。「そんなに会いたいのか〜。もっと会わせてあげなきゃなー」てな具合。私にだって予定はあるし、夜の睡眠がまともにとれていない分、お昼寝もしたいし家事もほとんどやっている。第一、義父と2人で話すこともなければお茶を入れたりお菓子を出したり気を遣うだけです。(もちろん義父は手ぶらできます)なのに私が嫌がっているなんてちっとも気づいていません。なんて幸せな性格なんでしょう。

改めて整理すると、義両親は悪い人じゃない、むしろ優しくてピノ助にとってはすごく良いじぃじ、ばぁばです。嫁の宿命、これくらいのモヤっと、耐えなければですね。ガルガル期よ、はやく終わっておくれ。

すでに何度も泣いて起きているピノ助にも全く気付かず爆睡している旦那に、キツめにガンをとばしてから寝ますo(^_^)o
みなさんおやすみなさい★

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村