読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴっとりさんとの暮らし方

15年6月生まれ甘えんぼうの息子とともに過ごす、大変だけど幸せな毎日を記録していきます!

再健診でのモヤモヤとションボリ

※所々表現に乱れがありますがご了承くださいm(__)m



約2ヶ月前の9ヶ月健診でハイハイ(ズリバイも)できないこと、足の力、突っ張りが弱いということで要観察となってしまいました。

chiconomainichi.hatenablog.com



そしてその再健診に行ってきました!





実際のところ、その9ヶ月健診の当日に家に帰ってくるとハイハイに成功!


すぐに掴まり立ちと伝い歩きもマスターし、今では手離しで数秒立っていられることも増えました!


さらにはソファーなどの少し高いところにもすぐに登り、後ろ向きで降りるという技もマスター。




ひたすら座って、泣いて抱っこ要求をしていたピノ助とはまるで別人のようになっており、そのすごさを見せつけてやる!!!くらいの気持ちで臨んだ再健診。


なんなら、あんだけ散々な言い方をしたお医者さんと保健師さんは
ジャンピング土下座とかしちゃうんじゃない?と思っていました。笑







当然ですが、周りは9.10ヶ月の子ばかり。

もちろんみんなハイハイ、伝い歩きしてましたが、今見ると、ハイハイの開始が遅かった11ヶ月のピノ助の方が全然しっかり這ってるし、掴まり立ちも伝い歩きも安定していました。





早い遅いはあるけれど、やっぱり成長度合いは月齢並だなっと冷静に思いました。

早く歩き始めたからといってスタスタ歩ける訳じゃなく、ヨロヨロと転んでいる子が多いです。

歩き始めが遅い子でも、やっぱり体はしっかりしてきているのであまり転ぶ心配もなく、しっかり歩けるようになるのは早いです。







ハイハイも歩くのも「できる」「できない」って言葉だけで判断するんじゃなくて、そこらへんの、その子その子の成長度合いをしっかり見てほしいです。

というか、お医者さんも保健師さんも、それが仕事じゃないんですかね?




「できる」か「できない」か。

そんな質問くらいなら小学生でもできますよー。




と少々辛口なことを思いながら、どのママさんともほとんど話すことなく、ブスッとした感じで待っていました。笑






まずは身長体重などを測定。


体重 9650g (前回9800g)
身長 74.5㎝ (前回73.5㎝)
頭囲 44.6㎝ (前回46.1㎝)
胸囲 44.8㎝ (前回44.0㎝)

頭2センチ近くも縮んでるー。この測定って、あんまりアテにならないですよね。

母子手帳に書くのだから、もう少しきちっと測って頂きたい。





そして育児相談。


『ハイハイするようになりましたか?』と保健師さん。

「ハイハイも掴まり立ちも伝い歩きもすごくしますー。」とドヤ顔で答える私(OvO)

どうだ、
ジャンピング土下座、出るか?!





すると保健師さん、

『よかったですね。一人で立てますか?』

「掴まらずにですか?それはできません。」

『あー、そうですかーーーー。。』



ジャンピング土下座どころか、なんだか打ちのめされる結果となりました。


11ヶ月半なら一人立っちが出来て当然なんですかね?
そりゃできる子も沢山いるけど、できなくても普通じゃないんですかね??


尋ね方と返答の仕方が気に入りませんな!!!




この保健師さん、うちの地区の担当でよく顔を合わせますが、なんというか、イマイチです。






他にも、資料を見ながら発達に関することを色々質問されました。

『ペットボトルの蓋とかネジって開けられますか?』とか。

もちろんできませんよ〜(T_T)



どうやらこの町では0歳児に求められるハードルが高いようです。みんなエリートの町なのか。
(ただのクソ田舎の小さな町です。)



あと、『体重がどんどん減ってるー!』って言われました。

半月前よりは増えてるんですが。


大丈夫ですかって聞いたら、『栄養士さんに聞いてみて』と。


なんだそりゃ。(結局聞き忘れました)






お次はお医者さん。

通常通りに診ていく中でふと母子手帳を見て『あら、シャフ(シャフリングベビー)だったのねー』と。


『どう?できるようになった?』

「はい、できます。」冷静に答える私。

『掴まり立ちした時、踵はちゃんと着く?』

「最近着くようになりました」

『踵が着かないとね〜。踵が〜・・・』




ハイハイ、掴まり立ち、伝い歩きが出来るか出来ないかはあまり聞かれず、とにかく『かかと』がつかないとダメみたいで、何度か同じことを繰り返し言われました。


うちの子かなりつま先立ちで、最近やっと踵を着けて立つようになったのですが、なにがダメなんだろう。

みんなつま先立ちはしないものなのかな〜。
徐々にできるようになるものなんじゃないのかなぁ。




最後は『やっと追いつきましたね。お母さん、しっかり動かせてあげてね。』と言われ終了。



別に悪い意味じゃないとは分かってるのですが、ちょっとムっとしてしまいました。

言われなくてもやってるよ!!!

それに、動かそうと思って動かすのって違わない?子どもが動きたいから動くんじゃないの??





お次は2度目の育児相談。

運悪くまたイマイチな保健師さん。


以前の健診で、「夜寝ない」ことを相談したんですが、「なんででしょうねー。」とかなんとか言うばかりでなんの解決策もなく、他の相談もそんなのばかりで

「育児相談って意味ないな」

って思っていたので、今回はなーーんにも言わず、聞かずでした。特に不自由はなかったです。逆に無駄なモヤっとが減って良かった。




それでもなにかは話さなきゃいけないのか、たいした話もないのにズルズルと留められ。

イマイチな上に風邪気味?なのにマスクもしてない保健師さんは咳とくしゃみ連発、丸めたティッシュで何度も鼻水拭きながら母子手帳をベタベタ触っていたので、かーーーなり不快でした!!!(T . T)



そしてその話の中で「寝るようになった」ということを伝えると

『よかったですねー!お母さんも体がラクになりますよねー!』と。


いや、それはそうなんですけど、私が保健師なら

○いつから寝るようになったのか
○何かきっかけはあるのか
○日中の様子や変わったこと

などなど、今後もし同じ悩みを相談する人がいた時、「こんな子もいますよ〜」なんて話ができるように参考として色々聞いておくと思います。




子育てってその子その子で違うから、色んなパターンを知っておくことで今後の仕事に役立つと思うんですよね。

ましてや独身で子育て経験のない若い(といっても私よりは年上)保健師さんです。



なんだか仕事への責任や真剣さが感じられない。

ただ話聞くだけが保健師さんの仕事なんですか?




さらにさらに
『chicoさんのとこのアパート、赤ちゃん増えましたよー!全部で4人ですね!』

『少し前に産まれた方と里帰り中の方とーー。』



ペラペラと喋ります。



「そうなんですねー、あんまり交流がないので知らないんですよ。新婚さん多いですもんね。」と私が言うと


『妊婦さんもいますよ!でも一人暮らしの方とか60歳代の方もいますよー!』



おいおい、守秘義務はどうした?(°_°)



ちなみにうちのアパートは10世帯しか住んでないので、だいたいの個人情報が把握できてしまいました。


もうこの保健師さん、イマイチというか、残念としか言えないです。





、、、愚痴が長くなってしまいました。

最後に栄養士さんから衝撃の事実を聞きました。





『乳製品はタンパク質源じゃないですよ。』


し、知らなかったーーーーー!!!




だって私が買った離乳食の本にはこう書いてあるので

乳製品はタンパク質の仲間だと思ってたんですよねー(°_°)


栄養士さんには前日1日の食事メニューと量を書いて渡すのですが、それを見て

「朝食にタンパク質源がないですね。それを足せばいいですよ。」

と言われたんです。



そのとき書いていた、いつものピノ助の朝食定番メニュー

・軟飯 110g
・野菜スープ80g
(人参、玉ねぎ、小松菜、レタス)
・はっさく入りヨーグルト90g

これです。
野菜と果物の種類は変われど、基本これです。



前回も『タンパク質は腎臓に負担がかかるので摂取量は必ず守ってください』と言われていたので、ヨーグルトのみにしていましたが、ヨーグルトはタンパク質ではないそうです。



知らなかった。

もう半年もタンパク質として食べさせていたよ。

あんなにバランスよくなるようにメニュー考えていたのに、タンパク質、足りてなかったのね。。。


なんて思ったらなんだかションボリ。





その代わり、タンパク質の過剰摂取になるんじゃないかと心配していた「1歳からの牛乳の量」ですが、質問したところ1日200mlだそうです。


お誕生日がきたら朝食に100mlの牛乳をプラスして、あとはオヤツの時間か寝る前あたりに100ml飲んでもらうようにしようと思います。


これは気になってたので質問できて良かった。







そして結局2時間かかって再健診は終わりました。


次回は1歳半の集団健診です。

実はこことは少し離れた土地にマイホームを建築中で、半年以内に引っ越す予定です。



もう二度と来るもんか!!


と思った健診でした。





長々とお見苦しい愚痴を読んでくださり感謝ですm(__)mm(__)mm(__)m

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村