ぴっとりさんとの暮らし方

15年6月生まれ甘えんぼうの息子とともに過ごす、大変だけど幸せな毎日を記録していきます!

義両親に息子を預けて映画を観に行ったけれど、感動できなかった自分にがっかりした話。

とっても長いタイトルですが、以前の出来事から進展があったので気持ちの整理を兼ねてブログに書きます。

chiconomainichi.hatenablog.com



夫が義実家に寄った時、勝手に『映画を観る間、ピノ助を預かってくれないか?』とお願いしてきたらしいとこは分かっていました。



それを事後報告された私はついカッとなって
『預けてまで観たくないんやけど』
とちょっとキツめに言い返し、気まずくなった夫と私は映画の話題に触れないように生活していました。


【孫なんだから少しくらい預けたい】【自分の親を悪く言われたくない】という夫の気持ちも分かるので、今まであまり思ったことは言わないようにしてきましたが、
モヤモヤが溜まりすぎて夫婦関係がギクシャクしてきた以前の喧嘩から、思ったことの10分の1くらい←w は言うようにしています。笑




夫も、私の感覚と自分の育った義実家の感覚が合わないのは分かってきているようなので、事を荒げないようになのかなんなのか、映画の話題が出ないままでした。
このまま上映終了しちゃえ!レンタルになったら借りよう!と思っていました。



✳︎



つい先日。
いつものように定期的に訪れている義実家で、ふといつも無口な義母が
「あの、20日でどう?」
と言いました。

私の頭の上は「???」
義父母の会話って、いつも主語がないんですよね。


義父母と夫が話しているのを他人事のように聞いていると、どうやら私達夫婦が映画を観に行く日が決まっていたようでした。




✳︎




そんなこんなで私達夫婦はピノ助を義両親に預け、2人で「君の名は。」を観ることになりました。


って、『そんなこんな』には私から夫への罵倒が入りますw

なんで勝手に話進んでんの??
預けたくないんだわ、私は。
勝手に何でも食べさせるし。
汚いもので遊ばせるし、今日はスリッパで遊んでたし。。。。

とまあここ最近のイライラをガツンと夫にぶつけましたが、もう進んでしまった話はどうしようもないので、


・実家に預けると遠いので、映画館のあるショッピングセンター内で2時間ほど買い物がてら預かってもらう。(近くにいれば何かあってもすぐに向かえる)
・何も食べさせない。(ちょうど朝食と昼食の間の時間)
・店の売り物を触らせない。(義両親は平気でお菓子をガラガラ振るように持たせたり、売り物で遊ばせる。お金を払っていない売り物では遊んじゃだめっていう教育がしたい私。さらにインフルエンザや胃腸炎が流行ってきてるから何でも触ってほしくない。)


これらを【夫が、角が立たないように伝える】ことを約束して預けることにしました。

あれ、厳しい?

私って酷い嫁??



どう思われようがかまわんわい!
それが無理ならわざわざ預けんわ!
と、当日を迎えたのでした。




✳︎ ✳︎ ✳︎



結論から言うと、「君の名は。」良い映画だったと思います。

が、当日のコンディション(息子が義両親に預けられているという心配)が悪かったのか、前評判が良すぎたのか、私の性格が歪んでいるからなのか、少しはじーんとする場面もあったものの、 正直、 本当に正直言うと、、、ファンの方ごめんなさい。。。イマイチでした。(>_>)





大多数の人に支持されて、すごく良かった!!何度も映画館に行った!!なんて聞くので、本当に素晴らしい映画なんだと思います。

それだけに、あまり感動できなかった自分の性格の悪さに少し落ち込みました。




もちろん映像は綺麗でしたし、良いお話でした。
でも余韻が全くなくて、心に響かなかったというか。
なんで私はこんなに腐ってるんだろう。ってことばっかり考えてしまいました。



この消化不良な感じを探るべく検索してみると、なるほど、と思える記事がでてきました。



こちらから引用させて頂きました。
ネタバレ含みます。
ohrmsk.hateblo.jp


ここに書かれているのですが、

君の名は。がオススメな人
新海誠作品のファン
・きれいな映像が好きな人
・細かいところは気にならず、人物の努力を応援したい人
RADWIMPSが好きな人
・リアが充している人


君の名は。が合わなそうな人
・これまでの新海誠作品があまり好きじゃない人
・RADWINPSが嫌いな人
・日常系なら日常系で割りきってほしい人
・フィクションなのか、ノンフィクションなのかをあれこれ考えてしまう人
・「でもあなた高校生じゃん」と思ってしまう人
・物事を悲観的に見てしまう人




ああ、そうだ、なるほどって思いました。

細かいことが気になり、人の努力を素直に応援できない小さな人間だった。
あんなに現実に近づけた映像を使っているのに「入れ替わり」というあり得ない設定が腑に落ちなかった。
RADWIMPSは好きなのに、曲が主張しすぎている感じがした。浮いていた。
そもそも、新海誠さんの世界観が理解できるような心豊かな人間ではなかった。「秒速5センチメートル」を観た時も物足りなさを感じた。



私ってなんだか、嫌な人間だわ(>_>)




そして、「リアが充していない」!ってことに気づきました。

きっとこれだ、感動しなかったのは「私とかけ離れた話にピンとこなかった」からだ。


最近感動する話といったら、専ら【家族愛】だとか【兄弟愛】だとか【親子の絆】だとかがテーマのもので、【恋】とか【純愛】とか、なんかピンとこないんですよね。私、腐ってる。



だから、前評判が良くかなり後から観にいった「アナ雪」は感動したし、夏に観た「ファインディング ドリー」は泣きました。



夫との関係、もうドキドキもなければホクホクすることもなく、なんともフツー。これはリア充には程遠いわ。ああ、恋がしたいわ。なんて。

だからこそ、高校生の恋を描いた映画にピンとこないのかもしれないな。
気づけばすっかりおばはん。




でも「逃げ恥」はガッツリ観てますよ!♡
キュンキュンしながら!



✳︎ ✳︎ ✳︎




色んなことを考えながらエンドロールまで観て、素直に感動できなかった自分の歪んだ人間性に落ち込みながらも映画館を出ると、息子は義実家へ連れて帰られていました。



ん?



なんでも、ショッピングセンターの中でピノ助をみるのは無理かなーって思って連れて帰ったそうですよ。往復1時間超の義実家へ。

いやいや、喜んでアンパンマンのカートに乗ってたでしょーよ。


オムツは替えられていなかったし、しっかり牛乳も飲まされてたし。マグマグに麦茶、持たせてたのに。


いいんですよ、別にうんちしてた訳じゃないから、おしっこパンパンだったけどさ。
牛乳だしね、ジュースじゃないし、いつものルーティーン(朝と風呂上がりの牛乳)を守ってほしかったとか、言いませんよ。






私にとっては、なんだかなーーな休日でした。

夫は大満足だったみたいでしたけどね。





ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村