ぴっとりさんとの暮らし方

15年6月生まれ甘えんぼうの息子とともに過ごす、大変だけど幸せな毎日を記録していきます!

運転免許証の更新講習に子連れで参加は有りか無しか


運転免許証の2度目の更新通知が来ました。




免許証が更新できるのは誕生日の前後1ヶ月、計2ヶ月間です。

講習が受けられるのは警察署か免許センターで、
各警察署では毎週決められた曜日と時間、免許センターでは日曜にも受けられるようです。(都道府県によるかもしれません。)






更新通知がきてはじめに思ったことが
『講習に一歳半の息子を連れて行っても大丈夫かどうか』でした。




夫の仕事はカレンダー通り。お互いの両親もまたカレンダー通りに仕事をしているので平日に預けて講習に行くことは不可能です。


息子を預けるとなると、日曜日に免許センターまで行くしかありません。
近い人はいいですよね、我が家からはまあまあの距離があります。
また免許センターでの講習経験のある夫曰く、待ち時間がやたらと長いそうです。
たった30分の講習に、往復の時間も考えると1日がかりです。

2ヶ月間で日曜日は8回、その中で予定の無い日に、せっかく休みの夫に預けて行くのもなあ。。。






色々考えた末、『警察署に息子を連れて講習に行く』ことにしました。


まず、警察署に電話で聞いてみることに。




交通安全協会の方からは

「連れてくるのは構わないけれど、静かにいられるのなら大丈夫です。」

「騒いだら退出してもらわなきゃいけないけれど、そうすると講習は受け直しになりますよ。」

「周りの人がどう思うかしら?あなた1人だけだったらいいんだけどね。」

「来るのなら、早めに、ゆとりをもって来てくださいね。子どもがいるとスムーズに行かないと思うから。」




とのことで、
構わないけど全然こちらはウェルカムじゃないですよ〜的なことを言われました。

ウェルカムじゃないなら、講習を受けることが義務なのに託児所くらい用意してくれても良いのに、こういうところはまだまだ子育て支援が行き届いてないなーと感じます。





「子連れで講習を受けに行く!」と決めてから連絡したものでこの返答にはすごく迷いましたが、田舎の警察署で毎週行われているものですし、人が少なければ大丈夫かもしれない、と思い行くことにしました。
今回は30分の講習ですし、なんとかなるかなーと甘い考えもありました。





そして最後には
「視力検査がありますから、カラーコンタクトは外してきてくださいね。」ですって。

なんなん、その偏見!
若い常識のない子はみんなカラコンしてるみたいなやつ。
カラコンしたことないし、そもそも裸眼の2.0だわ!!
カラコンを否定している訳ではないですよ!普通にコンタクトレンズって言えばいいのに!!)






出だしからモヤァァァーっとしましたが、寝起きのピノ助を抱えて行ってきました。








結論から言うと、やっぱり連れて行かなきゃよかった、です。

日曜日を1日潰してでも、1人で免許センターまで行くべきだった。





たった30分の講習とはいえ、来ていた人は50人超。
その上、結局開始時刻ギリギリになってしまい(これは私が悪い)空いていた席は最前列のど真ん中。

初めの10分は大人しく座って冊子をペラペラとめくっていたピノ助も飽きてきてしまい、椅子から降りたい!!を妨げられた為に反り返りながら「キーーーッ!!!」という叫び声を3回程あげました。

あまりのうるささに講習をしてくれる人は喋るのを止めるし、周りの視線は集まるし、メンタルやられました。。。




さすがにもう退出しようかな、、、と思ったのですが、その後は地べたでゴロゴロと床掃除(自らの服で、汗)を静かにやっていたので、私は遠くへ行かないようにパーカーのフードを握りしめて捕まえつつ講習を聞きました。


なぜかなんだか楽しくなってきたピノ助は、ハイハイで逃走を試みますが私に無言で捕まえられ、それを遊んでくれていると勘違いし「キャッキャ」と大声で笑うことが1度あり、冷や汗。またもやメンタルが。。。



講習をしている人には
(喋るのを中断して)「もうそのまま好きにさせときなよ〜」と(一応)笑顔で言って頂きましたが、走り回る子を野放しにする訳にはいかず、無言でフードを握りしめていました。
(首が締まるとか、知らん!)



そうこうしているうちに30分の講習は終わりました。すごーーーーく長く感じた30分でした。





警察署の方は優しく、パトカーのボール紙で作ったおもちゃをくださったり、声をかけてくださったり。
隣の席のおばさまも真面目に話を聞きつつピノ助のお世話をしてくれたり。(これが逆につらかったりもしたんですが)




時間にすればあっという間でしたが、疲れ具合は1日がかりと変わらず、

なにより「周りの人はどう思ってるんだろう。」を割と気にする私にはなかなかしんどい環境でした。






次の更新講習は5年後ですが、もし同じような状況なら絶対に連れて行かないと思います。



ただし、だからと言って『みんな子連れNG!』とは思いません。
NGならNGなりの支援や環境を作るべきだと思うので!それは都道府県の配慮が必要だと思う。

実際、ピノ助の他にもエルゴ抱っこでお子さんを連れて来ている方がいて、「エーン」と2回程小さな声で泣きました。(私的にはすごく安心しました、声出すのが我が子だけじゃなくてよかったーと)









講習の内容といえば、頂いた冊子を読み進めるだけなので、「絶対に聞き逃しちゃいけない!」ということもほぼありません。
そもそも真面目な方なら普段から法律の改正や事故のことなど、ニュースを見てしっかり知っているであろう内容ばかりです。


ただ、単純に「子供が嫌い。煩い。連れて来るなんて非常識だ。」と感じた方も必ずいたと思います。



そう考えると、私が子連れで講習に参加したのは正しかったのだろうかとモヤモヤします。
数年のうちのたった1日くらい、ちゃんと預けて1人で講習を受けるべきだったのかなと。

でも終わってしまった今は、さっさと終わらせておいて良かったとも思います。

なんでこんなことでモヤモヤしなきゃならないんだ!とまたモヤモヤします。




もっと細かいところまで子育て支援が行き届いていけば良いなと思います。

これに尽きますね。





更新講習に子連れで行こうかどうか迷っている方がいればオススメはできませんが、
もし子連れで参加している方を見かけたら、あたたかく見守ってほしいなあと思います。





ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村