ぴっとりさんとの暮らし方

15年6月生まれ甘えんぼうの息子とともに過ごす、大変だけど幸せな毎日を記録していきます!

仕事復帰に向けて生活リズムを見直しました。

3月に慣らし保育が始まってから、仕事復帰を見越して母子共々、生活リズムを改善しました!



【以前までの1日のスケジュール】

8:00 起床、洗濯機を回す
8:30 朝食
9:00 洗濯を干す
9:30 食器洗い、片付け
10:00 掃除機をかける
10:30 あれば買い出し(なければゴロゴロorお散歩、外遊び)
12:30 昼ごはん
13:00 食器洗いをしながらおんぶで寝かしつけ
13:30 ピノ助お昼寝
15:30 ピノ助起床、おやつ
16:30 夕食準備
18:00 夕食
18:30 食器洗い、台所の掃除洗濯物を畳む
19:00 お風呂
20:00 洗濯機回す、麦茶を沸かす
20:40 洗濯干す、歯磨き
21:00 寝かしつけ
22:00 ピノ助就寝、私も9割寝落ち



★問題点
・起床時刻が遅く、朝食が9時になることもある
・それに伴い昼食もずれ込む
・午前の遊び時間が少ない
・夕方出かけることができず、息子の体力が有り余る
・息子の機嫌の悪くなる夕方に忙しい家事が集中し、母子共々イライラする
・夜なかなか寝付かない
・睡眠時間が長すぎる
・息子が夫に会えないまま1日がおわる




いけないなと思いつつ、眠さに勝てずにズルズルと遅寝遅起き生活を続けてしまっていました。

こうみてみると、悪いことしかないですね(°_°)
メリットとしては、たくさんたくさん寝られること。
寝るの大好きすぎていつも眠くて病気を疑うほど睡眠時間を確保したかった私は、産後、寝ない寝ないベビーだった息子の卒乳とともに夜通し眠れる幸せを手放すことができませんでした。




でも後悔はしていません!
堕落した生活が今の私を支えているから。
あのゴールデンタイムは、出産家事育児をがんばった自分へのご褒美でした。





そして現在のスケジュールです。

5:00 起床、着替え、米を炊く
5:30 朝食兼夕食の準備
6:00 夫とピノ助起床、洗濯機を回す
6:15 朝食
6:40 ピノ助の着替え等
6:50 夫の出勤を玄関でお見送り
7:00 ピノ助、Eテレ「シャキーン」を観る
食器洗い、片付け、保育園の準備
洗濯物を干す
7:30 ピノ助と遊ぶ
8:30 保育園へ送る
ひたすら自由時間
16:00 保育園お迎え
16:30 外遊び、お散歩

(以下は以前と同じ流れ)
18:00 夕食
18:30 食器洗い、台所の掃除洗濯物を畳む
19:00 お風呂
20:00 洗濯機回す、麦茶を沸かす
20:40 洗濯干す、歯磨き
20:50 寝かしつけ

21:00 ピノ助と共に就寝



★良かった点
・早起きすることで夜の寝かしつけがスムーズになった(大体15分以内で寝てくれる奇跡)
・息子と触れ合う時間が以前より多くとれる
・朝、苦手な夕食づくりを終えているという心の余裕
・朝の家事の間、息子が泣いても夫が相手をできるので集中できる
・夫と過ごす時間が増えた
・台所や洗濯機の電気を使う時間が深夜電力の安い時間帯で可能である





ええことしかないやーん!!ヽ(;▽;)

ということで、たまに起きられず起床時刻が5:30頃になってしまっているのですが、3月に入ってから母子ともに心穏やかに毎日過ごせています。(夫へはやっぱりイラついちゃったりなかったり)

やっぱり【晩ご飯ができている】という事実が私の1日のモチベーションを凄まじく上げてくれます。
苦手な家事が終わっていると、夕方はピノ助にも優しくでき、のんびり遊んだりぴっとりひっついて一緒にぼーっとテレビを見たり。
家庭が非常に平和です。


土日は6時半か7時に起床(ピノ助も私達もリズムができており目が覚める)、晩ご飯づくりはサボります。
休みの日はガッツリさぼって外食とか冷凍うどんとかお惣菜とか、テキトーに済ませるのが平日がんばるコツです。
余力があれば普通の時間帯に作ります。









さて、もう3月も終わりに近づきまして。
振り返ってみると、今月は1日も熱を出さず、毎日元気に保育園へ通えました(^^)よくがんばりました!

四月からは上記のスケジュールをさらに見直し、

☆私4時半起き
☆7時に保育園&仕事へ出発
☆保育園の迎えは18時
☆朝晩の洗濯は夫に全任
☆文明の利器に頼る(掃除はルンバに、食器は食洗機に)

こんな感じになります。


5時起きでは家事、片付けがどうしても間に合わないのです。
できれば朝食だけは、家族3人食卓を囲んでゆっくり食べたい。



バッタバタの春になりそうですが、生活リズムが整うと心も穏やかでいられる不思議。
怠け者の私には、忙しいくらいがちょうど良いのかもしれません。






育休最後の思い出にアンパンマンミュージアムへ!
ピノ助が楽しそうすぎて幸せでした。


しかしコスパの悪さは感じずにはいられない。笑



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村