ぴっとりさんとの暮らし方

15年6月生まれ甘えんぼうの息子とともに過ごす、大変だけど幸せな毎日を記録していきます!

マタハラ?上司の気遣いに悶悶とする。


上司(管理職)は、仕事復帰したばかりの私にもよく気を遣ってくれます。

子供が熱が出て休む、と言っても快く了承してくれますし、
「子供さんのお迎え、早く行ってあげなさいね」とも言ってくださります。




恵まれた環境ではありますが、復帰してからちょくちょく強調して言われる、心に少し引っかかることがあります。



それが、

ワークライフバランスは大事だからね、我々管理職はそれをサポートしなければならないから」

「あなたの人生は大事だから、家族計画を優先して」

「次のお子さんができる予定があれば、サポートする体制を整えなければならないから、できるだけ早めに言って欲しい」

です。





頻繁に、ではありませんが、ちょくちょく言われます。


その度に、「ありがとうございます。」と返事をしています。


とても気を遣って頂いているのはよく分かりますし、有難いことです。



でも、なんだか悶悶としてしまう自分がいます。





✳︎ ✳︎ ✳︎





私が今勤めている職場はとても小規模で、正直、人手が足りていません。
当たり前ですが、1人が休むと他の人へ負担が大幅に増えます。

また、仕事内容的に、できれば年度途中での産休突入は避けたいし、避けてほしい雰囲気なのです。


仕事で関わる方と先日、2人目は?という話をする機会があったとき、「授かりものだとは言っても、ねぇ?」とも言われました。そういう認識の方も世間には多いのが現実です。









実際、まだ2人目を授かりたい気持ちにはなっておらず、予定もありませんが、いざ欲しいと思った時にはかなりストレスを感じそう。


表面的にはとても祝福してくださると思います。


ももし、体調がすぐれず頻繁にお休みを頂くことになったら、かなりの迷惑をかけてしまう。






上司の「予定を早めに教えてほしい」というのは、
「妊娠初期で」という意味なのか、それとも、
「今年度中は予定はありませんので」と言っておいてほしいのか。

雰囲気的には後者のような感じもしましたが。。。





ピノ助を授かったのは、妊活を始めてから3周期目でした。

世間一般的には早いと感じる期間ですが、すぐに授かると思っていた分、生理が来てしまった2周期の間はかなりストレスがありました。

もちろん、仕事に支障をきたさないよう、妊活開始時期も計算しました。





でも、「うっ。気持ち悪い。もしかして、、、つわり?」っていうの、憧れるんですよね〜。

仕事させてもらっている身分で、そんな憧れは持っちゃいけないのかもしれません。
仕事の為に、迷惑がかからないように、妊娠出産の時期も考えなきゃいけないのです。
そんなことは分かってるんです。



でも、直々に上司から遠回しにでも伝えられると、モヤっとするというか、釘を刺されているような気がするというか。



部下を気遣って言っている、優しい上司!な雰囲気を感じるから余計に気に障るのですかね。





「現在、子作りはしていません。来年度末にすぱっと産休に入れるよう、排卵日を特定して励む予定です。」

そう伝えたら、安心してくださるのでしょうか。






この程度のことでマタハラなんて、とも思いますが、やはりデリケートな部分。

いくら仕事に支障をきたすと言えど、年配の男性に気遣われるのは予想以上に不快だな、と感じる今日この頃です。








夫が仕事だったのでスタバでお茶してきました!
久々だから美味しかった、、、(´ー`)
ここ最近、節約しようとお金の使い方に慎重になっているので、すんごく贅沢な気分になれました。
ボーナス出たからいいよね、たまのご褒美。



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村